尾行はプロに任せよう

2014-11-27

パートナーが浮気をしているかもしれないと感じたら、いろいろな方法で、なんとか浮気の証拠を突き止めようとしますが、仕事している人や小さい子供を抱えている場合には、そうそう時間もありません。

そこで浮気調査のプロと呼ばれている人に、本当に浮気をしているのかどうかを調べてもらう事ができます。
テレビや映画で見かける、探偵と言われている職業ですが、本当にそれを専門としている方が存在しています。

浮気の事実を確かめたいけど、上手に嘘をつかれたり、バレないように証拠を隠している場合には、なかなか見抜く事ができません。
浮気をしているような気もすると、早とちりのような気もするなどあらぬ疑いによって、二人の関係がぎくしゃくしないように、白黒をはっきりとさせるのも必要かもしれません。

素人の場合には、パートナーの動きを24時間ずっと監視することはできませんが、プロの探偵であれば、問題なく行動を監視できると言われています。

パートナーの嘘を見破る事ができない、浮気をしていないと信じているという方は、一度探偵に相談してみるといいでしょう。

 

☆プロの尾行術とは?

探偵は、どのようにして浮気の証拠を見つけるのでしょう。
業者によってもその方法は異なりますが、尾行をするにあたって、一人の人がずっとつき回してしまうと、「あれ?この人どっかで見たな?」と怪しまれてしまいますので、殆どの場合、2人以上で交互に尾行するようです。

万が一相手が、車などの移動手段を使用した場合でも、バイクや数台の車で尾行を続けます。
その日の行動については、依頼者となる人にその都度報告されます。

調査の結果については、知り得た情報はすべて依頼者に報告することになっていますので、その情報を元にパートナーの浮気を見抜く事ができるでしょう。

 

☆調査開始の前に提供すべき情報とは?

探偵にパートナーの調査を依頼する場合、調査がスムーズに進めるようにある程度の情報を提供しなければなりません。

例えば、起床時間や帰宅時間、仕事へ向かう道順や職場の場所や勤務時間、平均的な残業時間や社員の情報などその日どのような行動をするのが基本的なのかを教える必要があります。

それ以外の行動をとるような場合には、浮気相手と会っていたり、何かやましい事をしている可能性が高くなります。

 

☆浮気調査ってどこまで調べてくれる?

依頼者によって、浮気調査に関する方法は色々と違います。
浮気の決定的な証拠が欲しいという場合には、ホテルに出入りする現場の写真や動画、不貞行為をしているような事実を捉えたものを依頼主者に提供します。

その他にも女性の影が見えた段階で、調査をストップすることもできますし、依頼者と探偵によって調査の方法を詳しく決める事ができるでしょう。

パートナーの浮気を見抜く事が自分一人の力では難しいと判断した場合には、プロに任せてみるのもいいかもしれません。

レディース探偵社マーク
(048)857-6600 さいたま市・上尾・蓮田方面
春日部・越谷・草加方面
(048)569-5100 桶川・北本・鴻巣・久喜・熊谷・行田・加須方面
(04)2993-6500 川越・所沢・狭山・入間・飯能・坂戸・東松山方面
(048)445-2489 川口・蕨・戸田・鳩ケ谷・新座・志木・和光方面
レディース探偵社マーク
探偵業登録:埼玉県公安委員会 第43070085号 加盟団体:内閣総理大臣認可(NCIA) 認可法人 全国調査業協同組合 第3170号
運営管理:アヴィエル レディース探偵社 埼玉県さいたま市中央区上峰3-6-13

【むさしの探偵グループ】 武蔵野総合事務所 レディース探偵社 トラスト・アイ総合探偵事務所 東京安心リサーチ リッシン探偵事務所