居心地のいい家庭

2014-12-04

最近なんだか夫の帰りが遅い、実家に入り浸ってなかなか帰ってこない、直帰せず、必ずどこかしらの飲み屋でいっぱいひっかけてくる、休日なのに、仕事を入れたり、ゴルフに出かけたりするなど、夫が自宅にいる時間が少ないと悩んでいる妻もいるようです。

その大きな理由として考えられることは、家庭内の居心地が悪いのかもしれません。
仕事で疲れている体を癒せる場所は、自宅以外にありません。

それなのに、自宅を避けるように別の場所に身を寄せていると言うことは、それだけ家庭環境に問題があるとしか考えられません。

解決方法はとても簡単です。
夫が早く家に帰りたいと思うような雰囲気を作ればいいのです。

 

☆優しく迎える

夫は、家族のため、妻のために必死で働いています。
どんなにお給料が安くても、どんなに残業時間が長くなっても、玄関から帰宅する夫の事を「おかえり」と笑顔で迎え入れるようにしてください。

さらには、飲み歩いて酔って帰ってきた時、不機嫌で帰宅した時など、どんな状況であっても、妻だけはいつもと変わらぬ笑顔と優しい言葉で迎え入れなければいけません。

それを続けることで、夫は外で辛い事や嬉しい事があった時、どんな時でも変わらぬ笑顔で迎えてくれる温かな家に帰りたいと、自然と願うようになるでしょう。

 

☆美味しい手料理

夫婦円満のコツや彼氏をゲットしたい時、浮気夫を取り戻したい時などあらゆる手段として効果的だといわれているのが、やっぱり美味しい手料理です。

手料理の上手な女性は、良き伴侶とめぐり合える確率が高いと言われています。
男性の胃袋をがっちりと掴むことが出来れば、それだけで十分なのです。

お金を払って高級レストランで食事をするよりも、毎日飲み歩くよりもやっぱりリラックスできる自宅で、美味しい妻の手料理が準備されていれば、それを想像するだけで、夫は早くお家に帰りたいと常に思うことでしょう。

だからといって毎食、お金をかける必要はありません。
あまりにも下手だと問題ですが、夫の好きなもの、妻にしかできない料理や丹精こめて作った温かい料理で十分なのです。

 

☆子供に戻らせてくれる

毎日嫌な上司に頭を下げ、部下の前ではシャキッとし、常に緊張をしいられている夫がリラックスできる場所は、お家以外にありません。

そして、玄関をあけた瞬間、体中の緊張がほぐれ、まるで子供に帰ったように、妻が甘えさえてくれる環境は、男性にとって至福の時だといわれています。

そんな姿は外では決して見せることはできない、禁断のスタイルです。
しかしそれがあってこそ、またきちんとした社会人として、強い男として、頼れる夫として頑張ることができるのです。

このバランスを上手にキープできる環境は、夫にとっては最高に居心地の良い空間であって、体に疲れを感じれば感じるほど、早くお家に帰りたいと思うようになるのです。

外で家族の為に働く夫の体と心のバランスを整えているのは、自宅以外にありません。
そしてその環境を整えられるのは、妻の夫に対する愛情そのものなのです。

レディース探偵社マーク
(048)857-6600 さいたま市・上尾・蓮田方面
春日部・越谷・草加方面
(048)569-5100 桶川・北本・鴻巣・久喜・熊谷・行田・加須方面
(04)2993-6500 川越・所沢・狭山・入間・飯能・坂戸・東松山方面
(048)445-2489 川口・蕨・戸田・鳩ケ谷・新座・志木・和光方面
レディース探偵社マーク
探偵業登録:埼玉県公安委員会 第43070085号 加盟団体:内閣総理大臣認可(NCIA) 認可法人 全国調査業協同組合 第3170号
運営管理:アヴィエル レディース探偵社 埼玉県さいたま市中央区上峰3-6-13

【むさしの探偵グループ】 武蔵野総合事務所 レディース探偵社 トラスト・アイ総合探偵事務所 東京安心リサーチ リッシン探偵事務所